ニチレイが冷凍保存の方法を教えます

ニチレイが冷凍保存の方法を教えます

ご飯の欠かせない人でも

食品の凍結の際、最大氷結晶生成帯という、温度を降下するとある温度で氷の生成最大の温度帯ができます。
この温度の範囲で最も多量の氷ができ、この温度帯では品温の変化が少ないそうです。
そのためできる限り急速に凍結させ、この温度帯を通過させることが、食品の組織を損傷せずに保存できることになります。
解凍の際には、通過速度を早いか遅いかは食品組織の状態で、一定はしません。
組織や細胞が損傷している食品を急速で解凍すると、損傷がさらに進むためその食品の細胞からドリップがあり、さらに品質低下になる恐れがあります。
最近の冷凍食品は技術が進み、すぐ過熱して急速で解凍しても、品質は保たれることが多くなりました。
冷蔵庫で自然解凍すると長時間を要するので、時短には、急速で解凍できる食品が必須になりつつあります。
解凍の仕方次第で品質が損なわれるので、変色や臭みが出ない解凍方法は大切です。
冷凍の状態で牛ステーキ肉をフライパンで数分焼くなどの手順も、最後にフタやホイルをして蒸らして美味しく調理する方法など、肉の表面を焼いて肉汁を閉じ込めて、中の肉質が焼き過ぎず柔らかくジューシーに食べることができる調理方法も紹介されています。
ステーキを自然解凍するとドリップがでて、せっかくのステーキ肉のうま味が減ります。
調理がし易いように、冷凍保存する時には最初から小分けにして、ステーキ肉1枚ずつに数枚ラップします。
肉を包む1枚目のラップは空気が入らないようピッタリ包み、その上に2枚ふんわり空気を含めて包んで、冷凍庫の温度差のない位置で冷凍します。

食品の冷凍について

炒飯などは、小腹が空いている人にも、ガッツリ食事の一品にする人にも。 卵のご飯へのコーティング具合もグッドの炒め方にプラスして仕上げの中華の高温で混ぜ合わせる本格炒め製法がきいて、王道のパラパラの食感の香ばしい炒飯が実現できるのは、プロの冷凍食品技です。 自宅でも、ご飯の冷凍保存は可能です。

白葱などの冷凍保存

白葱は、色鮮やかなものが新鮮で、白いところが長く艶があり柔らかめがいいです。 紙でくるんで涼しい場所に立てて保存か、冷蔵庫にビニール袋に入れて保存します。 長く持たせるために冷凍保存する場合は、5センチ程度の長さに切って水分をとり、ジッパー付きビニール袋に並べて冷凍します。

生姜を薬味として便利に冷凍保存

生姜は、ちょっと加えたい薬味などに使えて、体にも良く便利な食材です。 生姜を選ぶ時は、生き生きしていて丸みがあるものがいいです。 涼しい場所でビニール袋に入れ保管し、使いかけはラップをかけて冷蔵庫で保存します。 冷凍保存は、すりおろしてジッパー付きビニール袋に薄くのばして冷凍し、使う量だけ割って使います。

PAGE TOP